業務の改善で顧客満足を|電話代行のサービスを活用するメリットが豊富
男性と女性

電話代行のサービスを活用するメリットが豊富

業務の改善で顧客満足を

PCを操作する人

営業効率の最大化を図ろう

企業が成長するにつれて、顧客の属性は多様化し、顧客数は増加していくことでしょう。ある程度の規模までは顧客の管理も口頭や簡単な電子的な記録で共有できると思います。しかし、顧客が増えてくるにつれて、いままで当たり前のように把握できていた顧客ごと詳細な情報が把握できなくなってきます。例えば、どこの都道府県にお客さんが多いのか、購買金額が多いお客さんはどこの会社なのか、クレームの原因で一番多いのはどんな内容か、など知っていて当たり前の重要な情報の把握が疎かになってしまいがちです。そこでCRM(顧客管理システム)などのITシステムを活用して、効率的できめ細やかな顧客へのサービスを行うことを検討してみましょう。CRMを営業部で活用する例を考えてみますと、CRMの活用を進めていくと、継続的にコンタクトを取れていない顧客や現在は契約関係にないが過去に契約のあった潜在顧客などがCRMによって浮き彫りになってきます。そのような顧客への営業は、新規にお客さんを見つけるよりもはるかに営業効率が高く、会社の利益に貢献してくれることでしょう。

長期的な視点で営業を行う

CRMによって本当にたくさんの情報を自分たちの管理下におくことができます。最初の営業時に提案した人は誰か、その時に提案したサービスは何か、営業資料はどんなものを使ったのか、見積もり金額はいくらで提出したのか等々です。会社として矛盾のない効率的な営業を行うためには、このような情報をCRMなどのIT技術システムを活用して把握することが極めて重要です。さらに、営業が功を奏して晴れて自社の顧客となった場合においても、メールやDMなどのダイレクトマーケティングを手助けする手段としてITシステムを活用することはとても有効です。新商品の案内などを行う場合などは、顧客の予算規模に応じて案内する商品を変えてみたり、さらにはその案内自体をシステムを通じて自動的に行うことができるようになることでしょう。自動化できる煩雑な仕事はシステムを通じて行うことによって、そこで生まれた時間を活用して顧客への訪問など重要な仕事に集中することは可能になるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加